フッターメニューへスクロールするボタン

登録後に専任される担当者

様々なサポートをしてくれる保育士転職アドバイザー

保育士転職サイトに登録するとコンサルタントやアドバイザーと呼ばれる担当者が専任されます。
彼らは転職希望者のサポートと保育園・企業側との調整や交渉を行うのが主な役割です。

具体的には悩みを聞いて解決策を探してくれたり、キャリアアップのプランを一緒に考えてくれたりします。
保育士の仕事で何が大切かを聞き出し、その要望が叶う職場を提案してくれるのです。

園側との橋渡し役

転職サイトは求人誌の様に直接求人先に電話してあとは当事者にお任せ!というスタイルではなく求職者一人一人に希望をヒアリングし、要望にマッチする求人を紹介するのが特徴であり最大の強みです。
仕事は数日で決まるような単純なものではありませんので、毎回異なる人が仲介していては話がスムーズに進まないですよね。
そこで案件紹介から入職、さらにはアフターケアまで一連の流れを一人が担当するのが通常です。

気になる案件があればあなたのエージェント(代理人)として保育園側に話を通して見学や面接の段取りをしてくれます。
日中帯は現職があり自由に転職活動できない方がほとんどなので、事前に希望条件をヒアリングしておき実際に動くのは彼らという感じです。

保育業界を理解した元保育士も

幼稚園で遊ぶ女児

代理人としての職務はもちろん、転職に関する知識量やノウハウは毎日多くの案件を見ているだけあって一日の長があります。
転職に関する不安や悩みもついても気軽に相談に乗ってくれるので、気掛かりなことがあれば話してみると的確なアドバイスをくれたりします。

また、コンサルタントには元保育士という肩書の人がとても多いです。
保育士の悩みは保育士にしか分からないということなのですね。

もし、まったく保育士の仕事をしたことが無い人がいろいろアドバイスして来ても、現場を知らないと冷めた気持ちが生まれますが、保育士として働いた人であれば言葉の重みが違いますし納得感もあるでしょう。
特に保育士の職場でありがちな女性同士の人間関係については、経験した人にしか分からないものです。
アドバイザーの人は元保育士ともあって基本的には女性が担当なので悩みを共感し易いでしょう。

もちろん男性アドバイザーもいるので、頼りがいのある男性がいい!という方や男性保育士の方はリクエストも可能ですよ。

ブラック見極めのプロフェッショナル

ブラック企業などを見極める保育士転職アドバイザー

元保育士という肩書きだけでなく、保育業界の助成金関連や保護者トラブルに関して法律にも精通しています。
また、労働基準法と照らしあわせ違法性の有無を調査しブラック保育園は紹介候補から外すよう工夫されています。

こうした日々の努力が功を奏してブラック職場は排除されているのです。
転職サイト側の利益は転職希望者が就職して初めて発生しますし、保育園側からは"継続率"を見られることになりますのでミスマッチングを起こすと自社の実力が疑われ兼ねないと考えているのです。
こんな背景もあり、ブラック職場を紹介しませんし、転職を希望する保育士が長く働ける場所を真剣に探してくれるのです。

離職率や給料、職場の雰囲気も把握しており、裏側を知れるのもアドバイザーの強みでしょう。
各保育園の採用担当者と交流を持っており、実際に職場を確認しています。

雰囲気が良いか悪いか、職場環境がどうなっているかどうかはチェック済みなのです。
園長がワンマンなのか穏やかな人なのかも事前に確認が出来るでしょう。

アドバイザーはあなたの分身

転職が上手く運び喜ぶ保育士

アドバイザーはあなたの分身でもあり、履歴書の作成を手伝ってくれたり面接日程調整・事前の面接対策も実施されます。
彼らは良き理解者でもあるのです。

転職活動は自然と孤独になりがちです。
新卒時は同じ学校の友達と状況を共有し合えますが、転職ではそう行きませんよね。
アドバイザーはあなたに寄り添い転職活動を共に戦ってくれるのです。

ちなみに、保育園では無く幼稚園や福祉関係の仕事を探すのも良いでしょう。
アドバイザーの中には元幼稚園教諭という立場の人もいます。

園長を経験していたベテランアドバイザーもいるので、貴重な話を聞くチャンスになるでしょう。
アドバイザーは保育園などの経営状態も知っているため、情報の宝庫となっています。