フッターメニューへスクロールするボタン

保育士修学資金貸付事業について

保育士修学資金貸付で保育士になった女性

保育士支援制度の一つに「保育士修学資金貸付事業」という制度があります。
保育士を目指す方のための修学支援事業ですが、施行されて間もない制度のため、その内容を知らないという方もおられると思います。
そのような方のために制度の内容な申請方法、その他の制度との違いをまとめてみました。

保育士修学資金貸付事業とは

自治体からお金を借りるイメージ

「保育士修学資金貸付事業」とは、保育士を志望している方が大学などの保育士養成施設に入学する時に、自治体がその学費を貸し付けてくれる制度です。

保育士養成施設の学費は私立の大学・短大で100万以上もかかります。
それだけの金額を自己負担しようと思うと大変ですよね。

保育士を志望していても、経済面に不安を持ち進学を諦めてしまう方も少なくありません。
そのような方が少しでも減るように当該制度があるといえるでしょう。

支援対象と利用するメリット

修学に必要な学費を貸し付けてくれる事業は「保育士修学資金貸付事業」以外にもあります。
色々な種類がある中で「保育士修学資金貸付事業」を利用するメリットとはどのようなものなのでしょうか。他の奨学金制度と比較しながらまとめました。

まず奨学金で有名なのが日本学生支援機構が行っているものです。 こちらは第1種奨学金と第2種奨学金があり、1種は無利息で受けられるのに対し2種は利息が付きます。
また、貸付事業ということで養成施設を卒業した後は返還義務が生じ、月々の返済額は人によって違うものの長期間に渡り借りた奨学金を返していかなければなりません。

一方、「保育士修学資金貸付事業」は都道府県や指定都市などの自治体が行っているものです。
支援対象は、自治体が指定した保育士養成施設に入学しており将来保育士として従事する意思のある人となります。

借りられる金額は自治体により変わりますが、月5万以内の金額を借りることができます。
月5万×2年間ですと120万円もの学費を借りることができるので短大への進学に関して充分な金額を借りることができると言えます。

また当該制度は無利子であり、将来保育士として従事した時、制度を利用した自治体で長年勤務すると返済額が全額免除されるメリットがあります。
民間の奨学金制度と当該制度、どちらも大きな差はありませんが、保育士を目指し自分の住んでいる自治体で働こうと考えている方にとっては、当該制度を利用するメリットは大きいでしょう。

申請方法は?

申請書に押印

当該制度を利用するには必要書類を準備した上で、進学予定の保育士養成施設がある自治体へ申請する必要があります。
貸付事業のため、連帯保証人が必要になるので信頼できる人(保護者など)にお願いしておきましょう。

また、申請には期間が定められているので注意が必要です。
詳しくは自治体のホームページに載っていますので、自分の進学予定先の自治体に問い合わせをしてみるか進学予定先で当該制度について聞いてみましょう。

当該制度が誕生した背景は?

当該制度は平成25年に厚生労働省により施行された制度です。
当該制度が施行された目的は保育士資格を取得者の確保、保育士の離職防止、潜在保育士の再就職支援が主なものとなっています。
新規保育士資格の取得者を確保するために、当該制度は効果的であると考えられます。

始めに挙げたように経済面の不安から進学することを諦め、保育士資格の取得を見送る方は決して少なくありません。
しかし、当該制度を利用すれば自治体からお金を借りて保育士になるための勉強ができます。

保育士養成施設で必要な単位を取得すれば保育士資格を取得でき、自治体で登録をすれば保育士として働くことができます。
そして、支援を受けた自治体で長期間勤務すれば、借りたお金の返済額が全額免除になります。

保育士として資格を持ち働きたいと真剣に考えておられる方は、ぜひこの便利な制度を利用してほしいと思います。

まとめ

保育士になる夢を応援する子どもたち

以上、「保育士修学資金貸付事業」についてまとめました。
この制度のことを多くの人が知り、保育士になりたいという夢を叶えることができれば幸いです。