フッターメニューへスクロールするボタン

地方で保育士になる魅力

保育士転職をしたい!と思っていても、いざ行動に移すとなるとやはり勇気が必要ですよね。
もちろん現時点で働いている職場を移るだけでも不安なのに、住んでいる土地から離れるとなれば、さらに家族の問題や転職した際に住む家の問題知らない土地で暮らしていけるかという不安給料や年収はどう変わるのかなど、心配なことは山程増えるかと思います。

確かに独り身であれば、ある程度自分の都合で行動してもなんとかなるものです。
しかし家庭があった場合、自分だけでなく家族全員の生活が大きく変わってしまうので、なかなか引越しを伴う転職という一歩が踏み出せないかと思います。

転職や将来に不安を抱える保育士

また、あまり詳しく保育士転職で地方に行くメリットを知らない方も多いのではないでしょうか?
実は保育士転職で地方をオススメするのには、多くのメリットが発生するからなのです。
そこで今回、当サイトでは地方への保育士転職によって生まれる様々なメリットについてリサーチ致しました。
ぜひ、今の現状を少しでも変えたいと思っている方は御覧下さい。

地方へ保育士転職をするメリット

保育士転職を考えている人は何かしらの悩みを抱えている方がほとんどです。
それは「人間関係」であったり「通い辛さ」や「労働環境」であったりと人それぞれだと思います。
しかし中でもずば抜けて多い悩みというものは大きく分けて2つあります。

低収入のイメージ

1つ目は“お給料の低さ”です。
保育士は色々ある職の中でも「支給される賃金が安い職業」と言われており、勤務年数7,8年目のベテラン保育士の月収で22万円の年収340万円が平均額と厚生労働省が発表をしました。
一般労働者(女性)の賃金は24.6万円が平均額と言われています。
さらに保育所によってはサービス残業を強いられる所もあるようで、一般労働者の受け取っている月収や職務内容と比較してみても、決して見合った額が支給されてるとは言えません
もちろん補助が強化されていないところであれば、昇格することも難しく、給料も上る見込みが少ないことでしょう。

辛い人間関係

2つ目の悩みは“人間関係”です。
これは保育士同士の関係というパターンもありますが、児童の保護者との人間関係が上手くいかないというパターンもあります。
もちろん人間同士ですので、100人中100人と気が合って全員に好かれることはまずありえないです。
しかし、本当に自分の合っていない職場で仕事を続けていると、周りの環境に押し潰されてしまい、最悪鬱状態になってしまう方も中には存在します。
そういったことにならないためにも「周りの人が自分に合わないな」と感じたら早めに策を練る必要があります。

しかし、これらの悩みを全て解消することができる選択肢の一つとして、移住を伴う転職をするという道を選ぶ人も多いのです。
転職する土地によっては昇格がしやすく、安定したお給料を受け取ることができたり、手厚い補助が付いているため、福利厚生がしっかりとしている・残業がない・住宅手当が出る、など良いことばかり揃っているのです。

また、県民性によって働いている人の特徴も異なってくるので、自分に合った環境を選ぶことができれば人間関係で悩むことも少なくなるでしょう。
そこで地域別に月収や年収額、各県で保育士をするメリットや県民の特徴、その他にも引っ越しをする際に気になってくる平均家賃や休日の遊び場などをまとめましたのでご紹介致します。

地域別保育士転職事情一覧

埼玉県
のびのび子供と触れ合える埼玉県
東京から近いにも関わらず自然豊かで魅力的な土地です。
神奈川県
全国平均を上回る年収が望める神奈川県
保育士にとってはこの上ない好条件求人が揃っています。
愛知県
手厚い補助が期待できる愛知県
車移動さえできれば優遇された環境で働くことが可能です。

まとめ

保育士転職をキッカケに地域へ移住することは、決して悪い選択ではないことをおわかり頂けたでしょうか?
保育士求人数が多ければ多いほど倍率も低く、好条件の職場が揃っているので、その地域をターゲットに絞り込み、職場を探すと良いかもしれません。
また、住居の手続きなど段取りが沢山あるため、なかなか手が出せない!お金がかかる!と思っている方もいるかもしれませんが、各ページに掲載している通り「住宅手当」や「引っ越し手当」を負担してくれる職場も多く存在します。
さらに、現在都会に住んでいる人であれば、地方に移住することで家賃相場もぐんと値下がりするため、手元に残る金額が多くなるといえるでしょう。
ですので、今の環境に満足していなければ、ぜひ地方への保育士転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?
生活が豊かになるだけでなく、人生観が大きく変わるキッカケにもなりそうですよね。