フッターメニューへスクロールするボタン
みなとみらいの景色

関東で保育士になるなら神奈川県

神奈川県は居住地として人気の高い横浜市のある県でもあり、家族連れの方も多く住んでいる地域です。
また、関東で一番保育士の求人数が多いことや年収が全国平均値よりも高いこと、都心に近く、便利で住みやすいことなど様々なメリットが存在します。
そこで今回当サイトでは「保育士転職をするなら神奈川県!」とオススメする理由や魅力についてご紹介致します。

神奈川県の保育所・保育士労働環境の事情

神奈川県は、人口が約9,000,000人と全国で2番目に人が多く住んでいる県です。
特に東京都心に近く栄えている横浜市は人気で、一人暮らしの人だけでなく休日になると家族連れも大勢見かけます。

そんな神奈川県ですが人口が多いだけあり、保育士の数が足りていないという現状にも悩まされています。
平成31年4月時点で、神奈川県の待機児童数は750人と少ないですが、前年の平成30年10月1日時点では3,793人という圧倒的な待機児童の多さに悩まされていました。
「なんとかしなければならない!」と県全体で保育事業に取り組み始め、その結果が目に見えた状況であると言えますね。

神奈川県の保育士求人数

神奈川県は、平成27年10月の時点で1,072件の保育士求人が出ており、今すぐに転職をしたとしても、よりどりみどりで職場を選ぶことができるでしょう。
また、需要度が高いため倍率も2.66と非常に低くオススメです。

神奈川件で働く保育士の給料事情

保育士の年収は全国平均で323万円といわれています。しかし神奈川県の保育士年収は平均額を数十万円も上回った369万円
これは昇給しやすい環境づくりが整っていたり、基本給の設定が元々高かったりする結果なのではないかと思います。

神奈川県の保育施設は働きやすい?

神奈川県で保育士をすると、様々なメリットが発生してきます。
例えば、

・福利厚生が充実している…長期休みの確保・退職金制度・通勤手当等。
・給料が良い…基本給の平均が20~28万。
・入社祝い金がでる…10万円規模で出されるところもある。
・通いやすく休日のお出かけもしやすい…東京に近いから都心もすぐに行ける。
・新卒・未経験・ブランクOK…資格さえ持っていればブランクが合ってもOK。
・昇給あり…昇給する機会が年に数回ある職場が多い。

などがあり、非常にメリットばかり揃っていると感じました。
福利厚生がしっかりしていたり、昇給の機会が与えられると仕事にも勢が出ますよね。
また、環境面がバッチリ整っているので初めから働きやすいと感じる人が多いようです。そういった面からみても、神奈川で保育士になることは非常に優れた選択なのではないかと思います。

神奈川県で働く保育士の特徴

神奈川県で働いている保育士の方は、サバサバした方もいれば可愛らしい方もいるため、これといった共通の特徴があるわけではありません。
これは元々住んでいた人だけでなく、様々な地方から移住してきた方が多いことが原因といえるでしょう。しかし、そういった性格の違いがあるからこそ、相性の良い保育士仲間や保護者が見つかるものです。

全く違う土地からきた人も多い場所なので、転職をして神奈川に住んだとしても、すぐに受け入れてもらえるはずです。
友人や環境に恵まれているため、入って早々仲間はずれにされてしまったり、冷たい人が多かったり、という心配はないので安心して下さい。

神奈川県に住むメリットや生活環境について

神奈川名物・中華街

神奈川県は人口も多く、大きな都市横浜市もあります。
また東京都内にも近いため、休日は都内へ買い物やお出かけをすることも簡単にできます。美味しい飲食店やオススメの遊び場もあるので、休日も暇で困ることはありません。
ではそんな神奈川県に保育士として転職をしたとして、住む際にどんなメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います。

神奈川県の平均家賃

神奈川県の平均家賃は7.3万円といわれており、1R~1LDKのアパートが約6万円前後、同じ広さのマンションが7~8万円台です。
東京都内に近く、横浜という大都市もある神奈川県ですが、東京に比べ2万円ほど安い相場となっています。しかし、ショッピング施設やアクセス面では東京都内に負けないほど良好ですので、あえて少し離れた神奈川県を視野に入れてみるのも良いかもしれません。

神奈川県のエンターテイメント

神奈川県といえばみなとみらいや赤レンガを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
「神奈川=横浜」というイメージがあり「横浜=オシャレ」と連想する人も少なくはないでしょう。

実際にデートシーンで使われる夜景スポットやショッピングモール、お洒落なカフェや食べ歩きのできる中華街などがあり、大人が十分に楽しめる街となっています。
また、風情あふれる明月院や報国寺など心落ち着く場所もあるので、休日は気分に合わせてお出かけをすることができるでしょう。

神奈川県の県民性と成功の秘訣

神奈川県の人は何に対しても積極的です。つまらないことでもどう楽しむことができるかを考え行動するような頭の良い人が多いです。
また、男女共にサバサバした性格の方が多いため、回りくどい言い方をすると毛嫌いされてしまいます。

そのため、もし神奈川県で保育士をするのなら、親御さんに対しても同じように“常に前向きな姿勢で努力すること・回りくどい言い方をしないこと”を心がけて行動することが、神奈川で上手く仕事をこなしていく秘訣かと思います。

神奈川県で理想の転職先を探すには?

冒頭でもご紹介している通り、神奈川県の保育所は深刻な人手不足だと言えます。
全国的にみても保育士の数は足りておらず、常に求人案内が出回っている状態です。

東京までのアクセスが良い、お給料が高い、生活や職場の環境が優れている、福利厚生やその他サポートも整っている、ということで、神奈川県には沢山の好条件求人が見られます。
より自分の理想に近い条件の保育所を見つけるためにも、転職サイトなどから厳選していくようにしましょう。

まとめ

みなとみらいの美しい夜景

神奈川は、関東の中で最も保育士に優しい条件が整っている県です。
「都内より環境や給料が良く、オシャレな街で働きたい!」と考えている方は横浜辺りがベストだと思いますが「条件が良い中でもなるべく静かなところでのんびりと働きたい」と思っている方には横浜から離れた場所をオススメします。

しかしどちらも変わらず、周囲の県に比べて優遇された条件の保育所ばかりなので、ぜひ自分に合った場所をみつけ働いてみてください。
きっと充実した生活を送ることができますよ!

また、単純に「東京に近いけど、人混みが少ない場所で暮らしたい」というのであれば、近隣の埼玉県もおすすめです。
神奈川県と比べ23区に近いので、都内で働きながら家賃を抑えたいという人に向いている土地です。