フッターメニューへスクロールするボタン
京都の街並みと東寺

情緒あふれる古都の町、京都で保育士になろう

京都といえば歴史あるお寺や神社が多く、その情緒あふれる町並みから多くの外国人観光客が集まる町です。
もちろん国内からもたくさんの観光客が訪れ、今や国内屈指の人気観光スポットとなっています。

そんな情緒あふれる場所で保育士として働いてみたくはありませんか?
今回は京都の保育環境や労働事情を調べてまとめました。

京都府の保育所・児童・保育士労働環境の事情

遊具で遊ぶ子供と保育士

京都府では待機児童が減少傾向にあり、近年では待機児童の少ない都道府県12位にランクインしたこともあるほどです。
2020年現在では、京都市、福知山市、宇治市などが待機児童が0人という結果が出ています。
特筆すべきは府の主要都市である京都市が待機児童0人という点でしょう。

その裏には自治体の努力があります。
京都府では、市町村の自治体が“国の安心こども基金制度”などの財源を有効活用し、保育園の定員増加や保育施設の整備などの待機児童対策に当たりました。

それに伴い、保育士の数も増加傾向にあるというデータも出ています。
保育園の定員数を増やすことで保育士の負担が大きくなるのではないかと懸念される中、保育士も増えているということはそれだけ働きやすい環境にあるのではないでしょうか。

京都府の保育士の平均年収

京都府の保育士の平均年収は468.4万円です。全国の平均年収が349.9万円なので、平均よりもかなり高水準であることがわかりますね。
しかも府の中心部である京都市では、保育士の処遇改善のため独自に約49億円の予算を投入しているそうです。

そのため、市内の民間保育園・認定こども園の保育士の給与水準が全国平均の1.34倍と全国トップレベルになっています。

このように、京都府では保育士の労働環境を考慮し手厚いサポートを行っております。
給与に関して言えば、かなりの好待遇が期待できることは間違いなさそうです。

京都府の保育士求人件数

歓迎を表すサボテン

保育士の人材不足は全国的な問題となっています。
京都府では保育士が増えていると前述しましたが、それでも人手を必要としている保育園は多く、有名転職サイトで調べただけでも相当な求人情報が出てきました。

京都市内はもちろん、その周りの宇治市や隣の奈良に近い木津川市、それから京都府北部でも多くの募集がありました。
先にも記した通り京都府で働く保育士の給与水準は高く、生活するには問題ない給与を貰えることが望めます。
パート職員も、全国的平均より高い時給で働くことができるでしょう。

京都府内でも地域によって環境が違うので、働きたいと思った方は色々な場所を見ながら自分に合った職場を探すことをおすすめします。

京都府の保育士の特徴

京都といえば舞妓さんの使う「京言葉」が有名ですが、一般の方はそのような言葉は使いません。
大阪や兵庫のように関西弁であることがほとんどです。

しかし、京都独特の“はんなり”とした上品さがあるのが特徴ですね。
京都で働く保育さんも近畿圏の他の地域と比べるとゆったりとした言葉で話す方が多いように思います。

プライドが高く、一見近寄りがたいイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、京都に住む方は観光客から道を尋ねられること日常茶飯事であるためか、自ら進んで“おせっかい”をしてくれる方が多いようです。

また京都北部は田舎のため、穏やかな雰囲気を持った方、地域の人との繋がりを大切にされている方が多いでしょう。

京都府の魅力・生活環境・住むメリット

歴史を感じさせる京都の風景

京都府と言えば、歴史を感じることのできる町並みや神社・寺院など古都を思わせる風景が魅力ですよね。
その町並みを見たり歩くと「ここに住んでみたい」「ここで働きたい」という気持ちが沸いてくるのは筆者に限った話ではないでしょう。
そんな魅力的な町・京都ですが家賃はどれくらいなのでしょうか。下記にまとめました。

京都府の平均家賃

京都市内の平均家賃を調べてみると2LDKで約10万、1Kで約5万でした。
東京と比較すると安価ではありますが、観光地であり町の中心部ということから京都市は他エリアに比べると家賃が高めです。

しかし京都は大学が多いため、大学周辺や町の中心から少し離れた場所を選ぶなどの工夫をすれば、1人暮らしでも便利で安いマンションに住めるかもしれません。

京都府の遊び場・食事スポット

宇治抹茶と和菓子

神社やお寺以外にも、京都には魅力的なスポットが数多くあります。
休日に友達と遊びたい、お酒を楽しみたいという方には河原町周辺がおすすめです。
阪急京都線の終点でもある河原町は京都市きっての繁華街で、買い物や食事を大いに楽しむことができます。

また、癒やしを求めたいという方には「京都市水族館」「京都市動物園」がおすすめです。
水族館はJR京都駅から徒歩15分、動物園は地下鉄丸太町駅から徒歩15分とどちらも駅から近くアクセスが良いので、市内に住んでいれば気軽に足を運べる点が魅力です。

さらに京都と言えば宇治抹茶が有名なので、抹茶が好きな方は宇治市に出かけるのも良いですね。
美味しいお茶や抹茶のスイーツが、仕事で疲れた身体を癒やしてくれることでしょう。

まとめ

立てかけられた京都の和傘

以上、京都の魅力を交えながら保育環境をまとめました。観光業のみならず保育や子育てにも真剣に取り組んでいることがよくわかりましたね。
京都といえば旅行先のイメージですが、住んで働いてみるという選択も魅力的ではないでしょうか。