フッターメニューへスクロールするボタン

少数ながら確かな存在感

保育園の園児と散歩する保育士

未だに保育士=女性という先入観は今も色濃く残っています。
しかし、実は男性の保育士も一定数存在しており全保育士人口に対して約4%程度。

厚生労働省の調査によれば2013年時点で保育士登録者数は約119万人。現職で勤務している者は約43万人です。
この内4%と考えると18,000人近くの男性保育士が現場で活躍していることとなります。
1995年には0.8%(約2,500人)だった男性保育士比率はここ20年で7倍に上昇しており、保育現場に必要不可欠な存在なことがわかります。

近年の男性保育士数の推移

同じく女性職と言われている看護師ではここ数年で男性割合は1.5倍に急増し、全体で8%代に。
この事例をからももはや女性職という常識は時代遅れ、男性の活躍が求められているのです。

男性保育士の需要

そして現場でも実際に男性保育士の需要が高まっています。
人数が少ないこともあってか求職者による男性保育士の"奪い合い"は激化しているのです。

男性保育士が欲される理由は多くありますが、主なものをあげていきます。

体格・体力的優位性

体力自慢の男性保育士

介護・看護の現場で男性が重宝されるのと同じで保育現場でも肉体的な優位性は明らかです。
子供達と走り回り、行事の準備や片付けに加え子供を抱きかかえながら2つ、3つと同時進行する。
挙句に労働時間も長いとなれば何故これまで男性が起用されて来なかったのかが不思議なくらいですね。

もちろん女性にしか表現できない母性やきめ細かい気遣いは真似できませんが、表面的な仕事としてみると男性に大きなアドバンテージがあるのは一目瞭然です。

家庭環境・教育の多様化

トマトを頬張る男児

男児とのコミュニケーションは男性保育士が得意とする場面です。
良い意味で似たような精神年齢だとフィーリングは抜群ですぐに子供達と打ち解け合うでしょう。
屋外での運動や男同士の絆みたいなものは、女性よりも男性保育士に心を開く子も多いのです。

また、父親的存在として重宝されることもあります。
離婚率が高い昨今ではシングルマザーの家庭も少なくありません、そうした働く母親の下で育つ子供は父親の存在を知らないのです。
本当の父子とは違いますが保育園に男性保育士が居れば子供達に良い影響を与えられるのは間違いないでしょう。

職場秩序の安定化

実は正常な人間関係を構築する上でも男性保育士の存在は大切な役割を果たしており、簡単にいえば職場の雰囲気が和やかになるのです。
女性ならすぐに分かると思いますが、女性のみの職場には独特の雰囲気が漂っています。

生理用品が置きっぱなしになっていたり、陰口や嫌味が耐えない、と面倒な問題が山積みです。
保育園には女性の園長や経営者も多く、男性が1人も居ない職場は当たり前のように存在します。

そんな職場に男性が1人加わるとどうなるでしょうか?
驚くほど職場の雰囲気が丸くなり、和やかな空気が流れるのです。

年齢が20代でも40代以上になっていても、男性の目は気にするものです。
猫を被っていると言われるように、女性は男性の前では本性を見せ無いようにしています。
それが結果的に職場の雰囲気を良くして、女性特有のイジメや嫌味が無くなるのです。

このことが発覚してから、保育園では積極的に男性保育士を雇うようになっています。
職場でイジメ問題があると保育園の評判が悪くなりますし、離職者が増えて運営が危なくなります。
そうした問題を未然に防ぐ緩衝材としても男性保育士の需要は高いのです。

防犯上も有利

ブランコで遊ぶ女児

残念ながら昨今の事件を見ていると犯罪行為は多様かつ凶悪化し、女性・子供・老人と弱者を標的にする傾向があります。
そんな背景から防犯対策の観点でも男性保育士は頼りにされています。

包丁を持った不審者や暴力的な保護者に女性だけで立ち向かうのは危険すぎます。
子供の声がうるさいと怒鳴り込んで来る高齢者も増加傾向にありますが、男性が一人いるだけでも安心感が違うのです。

政府の今後の対応に期待

昔は女性の仕事というイメージが強かったですが、現代では男女平等の考えが広まり浸透しています。
男性保育士が増えれば保育園の職場も良い方向へ改善され、快適なサイクルが生まれるでしょう。

国が保育士の待遇改善を行い、働ける保育園が増えて行けば男性保育士も自然と増えて行くでしょう。
育児に積極的な男性が注目される時代です。
男性保育士にも注目が集まるタイミングが近い将来に訪れるでしょう。