フッターメニューへスクロールするボタン

結婚を機に

結婚を機に転職した女性

結婚を機に働き方を変えるために転職するのなら、同じ職場で雇用形態を変えて働けばいいのではないかと思うものですが、保育士業界はそうもいかない独特の雰囲気があるものです。

結婚をして一度仕事を辞めて、子育てが終わってから再就職するケースも多いのが特徴です。

寿退職が当たり前の業界

ひとつ前置きをしておくと、公立系の公務員に関しては結婚しても転職や退職をせずに、そのまま働き続けるのが一般的です。

私立の民間保育園や幼稚園の場合は、勤務先にもよりますが、結婚したら辞めないといけない雰囲気が出る職場があります。

保育士は給料が低く、勤務時間が長いなど労働環境がよくありません。

保育士の職場では、結婚して寿退職することがステータスになっている場合があり、結婚しても働き続けないといけない結婚相手だと思われることを嫌って一度退職する人もいます。

退職後は、子供を産んで子育てが落ち着いてから再就職する方もいますし、寿退職するといって辞めておいて、すぐに転職される方もいます。

結婚時に辞めないと出産で辞めれない暗黙の了解

保育園は働くお母さんのための場所です。

結婚しても仕事を続けている人が、出産を理由に自分は退職する行為が通用しない流れがあります。

保育士であるために、寿退職は許されても、出産したから退職して子育てに専念する考え方自体が御法度です。

将来的には子供が産まれてからは時短勤務にしたいなど、働き方を変えたい場合は結婚したタイミングで転職した方がスムーズです。

保育園とは反対に、幼稚園の先生の場合は子供が産まれると仕事を辞めないといけない雰囲気が出ます。

幼稚園で働いているのに、自分の子は保育園で育てる行為は不自然ということが理由です。

時短勤務へ変更は同僚に対して後ろめたさが出る

結婚を機に働き方を変える場合は、午前のみなど時短勤務をして、午後は家のことをして夕飯は夫と一緒にしたいと考えるのが一般的です。

しかし、時短勤務で夕方以降は働かないシフトを組んで、残業もしなければ、その分同僚の負担が増えます。

最初から時短やパート扱いで入社していればいいのですが、私は結婚したから緩く働くといった感じで同じ職場に残って時短勤務をすると居場所を失ってしまうことが多いです。

また、結局結婚しても子供がいないのであれば、残業や遅番も出来るでしょといった感じで、職場の人手不足を理由に結局結婚以前と変わらない働き方を求められてしまうこともあります

それであれば、結婚を機に転職や退職をして仕切り直しをした方が、その後勤務先でトラブルになったり自分の希望条件が通らなくなる心配がなくなって安心できます。