フッターメニューへスクロールするボタン

やっぱり保育園で働きたい!

保育園転職を目指す保育士

保育士の資格を持っていると、託児所や学童など様々な職場があります。
また、学校で幼稚園教論も同時取得して、幼稚園に就職した方もいるでしょう。
そして、保育園以外の職場を経験した結果、やっぱり保育園で働きたいと思って就職するケースも多いです。
また、保育園で働いていたけど、違う保育園で働きたい場合や、一度仕事を離れていて再就職しようとする方など、保育士の資格を持っている方から一番需要が多い働き口は保育園です。

緩い職場が多い

1人の子供をゆっくりお世話する保育士

保育園は1日の勤務時間は長いですが、日中の仕事内容事態は緩いです。
オムツが取れていない児童も多く、園児に対して保育士も相応の数で対応しなければいけないため、チームプレーで働けますし、幼児1人の世話をゆっくりすることもできます。

保育園から他の職種へ転職しても、やっぱり保育園の方が働きやすいと思って再転職して保育園に戻るケースも多数あります。

0歳から扱っている

ハイハイの赤ちゃん

保育園の特徴は0歳児から受け入れをしていることでしょう。
保育士はみんな子供好きですが、幼稚園にも入れるくらいの年齢よりも、0歳や1歳など小さくて天使のような子供(赤ちゃん)が好きという方も多いです。
5歳くらいになると、子供もだいぶ生意気になってくるので、ほかの職場で疲れて保育園で働きたいと思う方もいます。

しかし、保育園の多くは0歳児や1歳児のクラスはベテラン保育士を担任にするケースが多く、若手は上のクラスにする傾向があります。
保育園に転職しても希望通りの仕事に就けるとは限りません。

もし、転職前にクラスや仕事内容の確約まで取っておきたい場合は、コンサルタント付きの転職サービスを利用するとよいでしょう。

求人が多い

welcomeサボテン

保育園の魅力はとにかく求人数が多いことです。
家から近い職場や、こだわりの条件があっても何かしらマッチした求人を簡単に見つけられます。

当初は通勤が遠かったり給料が低いなど、妥協できるだろうと思って、やりたいことを優先した保育園に就職したけど、働いてみて現実的な条件を優先させて転職するのも定番事例です。

特に、今の仕事が嫌で早く転職先を見つけたい場合や、その他の諸事情で転職時期に制約がある場合は、私立の保育園も選択肢に入れて転職活動した方が良い仕事がみつかりやすいです。
転職サイトのコンサルタントに相談すれば、大きい保育園の営業に力を入れているため、条件交渉しやすい求人や内情を詳しく教えてもらえるなど、保育園の求人は色々と特典が多いです。