フッターメニューへスクロールするボタン

数あるサービスから良い物を選別

様々な転職サービスに迷う保育士

保育士が転職を考えるなら保育士転職サイトを活用するのが1番ですが、この手のサイトは無数に存在しており、自身の目で良し悪しを見極めなければなければなりません。
当サイトでは評判・求人数・運営会社等から自信を持って紹介できるサービスを紹介していますが、万が一未掲載サイトを利用する場合は次の点に注意しましょう。

転職の第一歩は転職サイト選びです。ここで間違ってしまうと転職活動が始まる前に失敗してしまいます。
そうならないためにも、良質な保育士転職サイトを選ぶポイントを理解しましょう。

求人数をチェック

保育士転職サイトの求人数をチェックする女性

転職サイトの情報で真っ先に確認したいのが扱っている求人の数です。
8万件以上扱っている転職サイトと1万件しか扱っていない転職サイトなら、間違いなく8万件の方が有利です。

もし求人情報の数が書いていない場合は、転職サイトに登録した後に条件無しですべての案件を検索してみましょう。
公開案件に限られますが保育士転職サイトに存在する求人数を知ることが出来ます。

得意不得意を知る

転職サイトの得意不得意を知る女性

次のポイントはどんな求人に強いサイトなのかを知ることです。
例えば、北海道で保育士の仕事を探しているのに、都内の求人を集めた転職サイトを活用しても無意味です。

全国の求人を集めているのか、それとも地域密着型のサイトなのかを見極めましょう。
特に、自宅から近い場所で仕事を探したい人は、特定の地域に特化した転職サイトも視野に入れるとよいでしょう。
そうした転職サイトのアドバイザーは地域の保育園の実態を深く知っており、的確なアドバイスが望めるからです。

1番注意しなければいけないのは、就職お祝い金を過大にアピールしている転職サイトです。
これは一見すると魅力的に感じてしまいますが、裏を返すと「お祝い金を付けないと転職サイトの利用者が居ない」という見方もできてしまいます。

当サイトに掲載しているサービスであれば安心して利用していただけますが、中には内容の不十分さを祝い金で誤魔化している運営もあるので要注意です!
大規模な大手サイトの場合は問題ありませんが、小規模な転職サイトの場合は要注意です。

また、場合によっては複数の転職サイトに登録して様子を見るのも良いです。
一つはマイナビ保育士のような大型サイト、もう一つは中小規模でも担当者が親身に対応してくれるサイト。などです。

担当者の質と力量

転職先について話をする転職希望の女性

保育士転職サイトを選ぶ上で注意しなければいけない点はまだあります。
良くある問題としては、年収にばかり気を取られて保育園の運営方針を把握していないケースです。
年収が400万と高めで福利厚生が充実していても、保育園の方針と考え方が合わなければ快適な職場とは言えませんし長続きしません。

自分が何を大切にしていて、何が重要なのかを深く自問自答するのです。
これは保育士に限らずあらゆる人が当てはまる転職のコツですね。
年収や福利厚生の他にも勤務時間や残業の有無、産休後の職場復帰が可能かも視野に入れておきましょう。

ですが、自身の要求や考え方を簡潔にまとめ、理想に近い職場を探すのは一人では難しい面もありますよね。
そこで活用したのが、保育士転職サイトの担当者でコンサルタントやアドバイザーと呼ばれる存在です。

求職者側は無料で相談が可能で、悩みや自分の本質を知るのに的確な助言を与えてくれます。
転職サイトを利用するのであればこのコンサルタントを積極的に活用したいところです。
元保育士の人や保育園のリーダーだった経験の人もおり、話をすればどんな職場が合っているかを分析してくれます。

ただし、コンサルタントやアドバイザーも人間です。
相性の問題もあるので合わない人だと思ったらすぐに別の人へ切り替えましょう。

良い職場・良い条件は担当の力量と交渉力に掛かっていると言え、サポート力はサイト選びでも重要視したいところです。

ただし、提案や助言が不適切だと感じたら言われたことを鵜呑みにしないで、自分で判断するのも重要です。
自分の人生なのですから、最後の決断は他人では無く自らの意志で決定した方が良いのです。

保育士転職サイトは多くのメリットがありますので、転職サイトのメリットも参考してみてください