フッターメニューへスクロールするボタン

登録しておいて損なし

とりあえず転職サイトに登録する保育士の女性

結論から言いますと、予定が無くても転職サイトに登録しておく事をお奨めします。
今の職場でしばらく働くつもりであっても登録しておいた方がプラスになることがあるからです。

また、転職サイトには保育士にまつわる情報が溢れており、最新の情報を知ることで考え方が変わったり自身の現状を客観的に判断することができます。

広い視野

転職に悩みを抱える保育士女性

1つの職場で働いていると世間の情報に疎くなってしまうものです。
いつしか職場の待遇や状態が"普通"だと思ってしまい、本来得られるはずの可能性を失ってしまいます。
そこで転職の予定が無くても登録するメリットについて触れたいと思います。

保育士の仕事では子供との触れ合いがあり、成長を見守ることも大きなやりがいです。
ですが、仕事ではプラス面だけでなくマイナス面も存在しています。
中でも給料が思ったより少なく生活が苦しい人は多いはずです。
持ち帰りの仕事が当たり前のように発生しているのに、残業代が出ないような職場も珍しくありません。

決してお金のために働いている訳では無いと思う人も居るでしょうが、まったく同じ仕事をこなして年収300万になるのと400万になる案件であれば、後者の方が魅力的なのは事実です。
極端に言えば低い給料で働き続けることは"自分にはそれだけの価値しかない"と認める意味にもなってしまいます。
真面目にしっかりと仕事をこなし、子供達に楽しい時間を提供している自信があるならそれに見合った対価を得るべきです。

そんな自分の働きに見合った本来の対価を知るためにも転職サイトは活用できるのです。
現在待遇と比べて保育士転職サイトに掲載されている求人やコンサルタントが紹介してくる案件は低いのか高いのか、特定の地域の平均年収も知ることができます。
自身の置かれている状況を客観的に理解することができ、転職を行うかは別問題としても人生において重要なことではないでしょうか。

未知の可能性

未来の可能性に気付き始めた女性

転職サイトの情報からは新しい職種を知る機会にもなるでしょう。
保育士=保育園で働くイメージが一般的ですが、実際には小規模保育や事業所内保育所、福祉関係も保育士の人材を募集しています。
中には幼児機具を開発製造するメーカーから募集が掛かるという例もあるのです。

保育士資格所持者は重要視され、リーダーに任命されることも少なくありません。
新しいスキルを身に付けたり別のキャリアを模索出来るのも転職サイトに登録しておくメリットです。

運悪く仕事が不調で"私は保育士に向いていない"と思い込んで辞めてしまう人もいます。
そう考えてしまいたくなる気持ちは分かりますが、別の保育園でならうまく活躍出来る可能性がありますし、職種を変えたら快適に職務を遂行できるかもしれません。

未来の選択肢がたくさんあるのは精神的にも気が楽になりますし、可能性を考えれば登録しない理由はありませんよね。
保育士転職サイトに登録してどのような職種が募集され、どんな条件の求人があるのかそれを知ることだけで十分なのです。

長期での検討もOK

時期は未定だがいつかは転職…
と考えている方も少なくないのではないでしょうか。
少しでも転職の可能性があるなら事前に登録しておき、常により良い職場を探し続けることが理想です。

"いつまでに次の仕事を見つける"と期限が決められているとどうしてもそのタイミングで出現する求人の中から選ぶこととなり、時には妥協も必要になります。
しかし、時期未定で探すのであれば希望とドンピシャな募集が出るまで気長に待つことができますよね。
現職に特段の不満が無く続けることが苦でない方なら"高めの条件"を伝えておき、そのフィルタに引っかかる案件が出た時点で真剣に転職を検討すればよいのです。

ちょっとした相談相手にも

身近な悩みを相談できる転職コンサルタント

保育士の仕事で悩みがあるのに、誰にも相談出来ない。というのはよく聞く話です。
うまく家族や友人に話せれば良いのですが、そうした話が苦手な人もいるでしょう。
そんな時には転職サイトのコンサルタントやアドバイザーに相談してみるのもありです。

経験や知識が豊富にあるコンサルタント達に悩みを聞いてもらえれば、気持ちが少し軽くなるはずです。
悩んでいる問題が自分自身なのか、職場の問題なのかもはっきりするでしょう。
職場の環境や上司が悪く、ものすごくつらい状況にいるのが分かるかもしれません。
もちろん無料なのでプラスになったらラッキーぐらいの気持ちを持つのも大切です。

保育士は子供達の成長を見守るかけがえのない存在。
だからこそ全力で仕事が出来るように快適な環境が必要なのです。
現状に満足せず理想の職場を探す1歩を踏み出しましょう。