フッターメニューへスクロールするボタン

押さえるべきポイントを整理

新しい職場の面接に向かう保育士

転職には履歴書と面接が付き物です。
転職サイトを通じて紹介された求人であれば、高い確立で採用されると思って大丈夫です。
ただ、履歴書提出と面接は必ず求められるのでコツとポイントを整理しておきましょう。

履歴書のコツ

履歴書を記入する保育士

手書きで丁寧な字を

一般企業ではパソコンで作成した履歴書を送るのが普通になって来ていますが、保育士は仕事柄手書きが良いでしょう。
保育士は子供の様子を保護者との連絡ノートに書くので、文字はきれいな方が印象アップになります。
また面接官の印象も少し良くなるので丁寧な文字を心掛けておきましょう。もちろん誤字脱字にも注意しなければなりません。

熱意を伝える

履歴書の内容では自己PRや志望動機をしっかりと書きましょう。
重要なのは応募先の保育園が求める人物像になっているかという点です。
園のHPやパンフレット、募集情報に目を通せば教育方針や理念は理解できるはずですので、保育園の要望に沿うような形で履歴書を書くのが重要なコツとなります。
方針には共感までいかなくても同意していることをアピールしましょう!

また保育は感受性豊かな子供たちを相手にする仕事です。
一生懸命さや誠実さを伝えるのがベターと言えるでしょう。

経験や実績は詳細に

新卒ではなく転職者を選ぶ園側の意図としては"即戦力"が欲しいというところでしょう。
前職(現職)の仕事内容や保育士に対する園児数などを詳しく書いてあげましょう。
具体的な業務内容が書かれていると面接者も自分の園で働いてくれるイメージを持ちやすいのです。

これらは当たり前にも思える内容ですが、求職者も特別な人材を求めているわけでは無く、仕事に前向きで一般的な保育業務を任せられる人材であれば選り好みしているわけではないということです。

面接におけるポイント

面接を受ける女性

続いて面接時に気をつけたい点です。

退職理由

履歴書上は"一身上の都合"と一言で片付けられる部分ですが、実は面接官が最も気にするポイントでもあります。
給料や待遇であれば転職理由が明確なので良いのですが、人間関係となると複雑です。

あまり被害者を強調しても「うちでもモメるのでは?」と否定的に受け止められる危険性をはらんでいます。
嘘をつく必要はありませんが、異常な残業やサービス残業等の誰が見ても決定的な理由を話すと納得感があるでしょう。

少なくとも人間関係だけを理由にするのは好ましくなく「受ける保育園の方が待遇が良かった。」「園の考え方が自分の教育方針と一致していた。」など客観的にも理解できる説明をしたほうが安全ですね。

コミュ力チェック

次に前職内容と対人能力について、主に下記の3項目がチェックされます。

①今までに得た経験や保育士としての知識や能力。

②保育園側が求める人物像に合致した人材か否か。

③コミュニケーション能力や人柄、性格。

①は自分自身のことを等身大で話せば問題ありません。
面接時は少しでも良く見せようと出来ないことを出来ると言ってしまいがちですが、面接官も保育のプロです。

嘘は見破られてしまうので、自分の能力をありのまま伝えるのが良いでしょう。
転職サイトの担当者からも職務経験や実力はある程度伝わっているはずで、その情報を聞いた上で面接をしたいと言ってきているのでだから当日になって下手な嘘をつく必要も無いのです。

②は最低限しっかりと募集要項と保育園のパンフレット・HPを確認しておきましょう。
ベテランが欲しいのか、新人が欲しいのか、短期的に働いて欲しいのか、それとも長期的なのか求める人材を把握しておいてください。
残業の有無や土日の状況、結婚についても聞かれると思いますので、ある程度回答を考えておくと焦らずにすみますね。

③のコミュニケーション能力や人柄、性格などは元気に明るく前向きにしていれば大丈夫です。
子供と接する職業なので、元気で明るい事はとても大切です。緊張するのは仕方ありませんが、笑顔を忘れずに面接を受ければ好印象となるでしょう。
質疑応答では保育士を目指した理由、どんな時に保育士の喜びを感じるか、などが定番の質問なので想定して回答を持ちあわせておくと良いですね。

結婚・キャリア設計

将来のキャリアや結婚感についても話題に出ることが多いです。
当然長期で働いてくれる人を探しているので、現時点で結婚予定はあるか?出産後の復帰希望はあるか?
と言った話になることもあります。

ここも結婚予定を隠す必要はありませんが、その後も仕事を続けたいという意志があると園側も積極的に採用したい人材だと考えるでしょう。
人柄や経験と同時に長期的に働ける人材かどうかも評価基準の一つなのです。

コンサルタントをフル活用

面接で力になる転職コンサルタント

面接時にこそ活用したいのが、転職サイトの担当者です。
履歴書の書き方や面接対策も行ってくれるので、求職者側の本心を理解している彼らにアドバイスを求めるのは就職の確率高める有効な手段です。

また、面接時には聞けなかったことや明確な回答がもらえなかった質問があればすぐに担当者を通じて確認しましょう。
特に待遇や休日面、福利厚生などは事細かに確認したいところですが、面接時にはあれこれ聞きにくい…
その点もコンサルタントに確認し、必要があればメール等で履歴を残してもらうようにしましょう。