フッターメニューへスクロールするボタン

保育士ならこんな職場も

添い寝するベビーシッターと幼児

子供が居る場所には、自然と保育士の需要があると言えます。
最も身近なのが一つ一つの家庭で、自宅で子供を見守っていてほしいという要望に答えたのがシッターです。

保育士の資格があるならば、ベビーシッターサービスに登録するのも一つの選択肢です。
保育園で子供を預かるのではなく、一般家庭へ入って世話をします。

ベビーシッターは資格が無くても行えるのですが、保育士資格があればかなり有利になります。
給料が大幅にアップするので転職してみるのも悪くないでしょう。
ベビーシッターを派遣する会社があるので、探してみてはいかがでしょうか?

ベビーホテル

ベビーホテルの従業員になるのも、保育士であれば良い選択肢です。
24時間体制で保育が可能な施設でベビーホテルによって様々なサービスが提供されています。

ホテルと言うぐらいですから、基本的に乳幼児だけで宿泊を行うものになります。
認可、認可外を含んだ保育施設が夜間に解放されているケースもあるでしょう。
仕事や家庭の事情で夜間に子供を預けたい人が利用しています。

基本的には子供の世話がメインになりますが、ホテルなので雑務も発生します。
しかし、程よい刺激が無数にあるため、精神的な疲労感はかなり軽減されるでしょう。

学習塾

子供の年齢層を少し高くすれば学習塾に転職するのも良いキャリアアップになります。
学習塾は小学校に通う子供が、放課後に勉強しに来る場所です。
算数や国語などを教える塾の役割があるのです。

保育士の資格があれば評価は高くなりますし、幼稚園教諭免許も役立つでしょう。
子供に勉強を教えるのがメインではありますがコミュニケーションや遊びも大切になります。

スポーツクラブ

スポーツクラブでも保育士の需要が高まっています。
一見すると関係無いように見えますが、スポーツクラブには幼い子供がたくさん訪れているのです。

子供の世話をするのは大変ですが、保育士であれば専門分野となります。
スポーツクラブでは子供から高齢者まで訪れるので、保育士の人は子供の担当をするのが良いでしょう。

スポーツクラブの方針にもよりますが、楽しく遊ぶことが重要なクラブもあれば、上達を目指すクラブもあります。
自分に合う雰囲気のスポーツクラブがあれば、良い転職になるのは間違いありません。
何よりも保育士に多い薄給の問題が解決されるでしょう。

視野を広げるニッチな需要

保育士は子供の世話をする素晴らしい職業です。
保育園だけがすべてではなく、世の中には保育士を求めている職場がたくさんあるのです。

視野を広げて新しい可能性にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
良い転職が行えれば、人生が大きく変わるでしょう。