フッターメニューへスクロールするボタン

各施設で活躍する保育士

楽しげな三人兄弟

保育士の資格を持っていれば保育園にとらわれず働く場所の選択肢は多く存在します。
子供の世話をするイメージが強いですが、保育士資格を持つ人が求められる職場は多いのです。
保育士になったものの、理想と現実のギャップに悩む人は少なくありませんし、薄給に苦しみ辞めて行く人もいます。
そうした中で第二の道を探すのは決しておかしいことではないのです。

母子生活支援施設

母子生活支援施設は、子育て支援が主な仕事となります。
子供だけでなく母親のサポートもするのが、この母子生活支援施設の特徴です。
18歳未満の子供と母親が対象で、生活の支援をしています。
母子家庭のため、旦那のDVに悩んでいたり、経済的に困窮していたりといろいろな問題を抱えています。
そうした負担をサポートしつつ、心身のケアをするのが同施設で、子供と関わる仕事という点では良い転職先と言えます。

乳児院

乳児院という職場で働くのも、非常に有意義なものになるはずです。
ここは何らかの理由で親との生活が困難な0歳から2歳くらいまでの乳幼児が生活する施設です。
看護師や医師が居る中に、保育士も存在しています。
他の業種の人とコミュニケーションを取りながら子供の世話をするので、保育園よりも刺激が多いでしょう。

それぞれの専門職と関われる機会は少ないため、経験を積む観点からも素晴らしい環境です。
保育園では子供を一時的に預かるのが基本ですが、乳児院では24時間体制で子供を世話します。
乳児院が子供にとっての家庭であり生活の場なのです。
親と暮らせない子供を守ってあげる仕事はとてもやりがいがあるでしょう。

助産施設

助産施設でも保育士の需要があります。
ここでは妊婦をサポートするのですが、主に生活保護受給世帯や所得が少ない世帯がターゲットになります。
乳幼児の世話をする保育士は仕事の中心になりますし、看護師と共に母親へ育児指導なども行います。

児童養護施設

児童養護施設では、両親のネグレクトや虐待、あるいは経済的な理由から家庭生活が送れない子供が集まります。
1歳から18歳ぐらいの幅広い年齢の子供が対象で、新しい家とも言えるでしょう。

乳児院が幼い子供を対象とするなら、児童養護施設は年齢の高い子供を対象にしています。
生活の世話や時に勉強を教えることもあるでしょう。
家族の一員として子供の世話をするのは、保育士として魅力的に映る場合もあります。

知的障害児通園施設

知的障害児通園施設は、その名の通り知的障害を持った子供達が集まる施設です。
自宅から通園し、自立に必要な技術や知識を覚えるための支援を行います。

運動により体力作りやコミュニケーションの練習、一般常識などを学びます。
そうした生活全体のサポートを行うのが保育士の仕事です。

児童家庭支援センター

児童家庭支援センターも、障害を持つ児童を対象にサポートを行っています。
家庭からの相談に対処したり、子育て講座を行ったり、住み込みで子供の世話をしたりするケースもあります。
市町村の要請により家庭訪問や研修などもするため、公務員としての役割が強くなります。

保育園だけが職場じゃない

このように、保育士が活躍出来る職場はたくさんあるのです。
保育園で働くのがつらいと感じたなら別の職場を探して見るのが良い人生へと繋がるでしょう。