フッターメニューへスクロールするボタン

最も一般的な職場

保育園の教室

保育士が働ける場所は様々ですが、代表的なのは保育園です。
託児所や事業所内保育所と違い保育園ならでの業務があるのです。

保育園で働く保育士にはどのようなメリットとデメリットがあるのか見てみましょう。

公立と私立の違い

まず最初に区別しておかなければいけないのが、公立と私立、認可と認可外の基準についてです。
簡単にまとめれば、公立は国や自治体が設立しており経営が安定しています。
私立は支援団体やNPO法人が設立した保育園となるのです。

ここでポイントですが、公立なら認可、私立は認可外という認識を持つのは間違っています。
認可と認可外の違いは保育園の最低基準を満たしているかどうかで、私立でも認可を受けている保育園はたくさんあるので混同しないように注意しましょう。

また、認可されているから良い保育園、認可外は良くない保育園という見方も間違っています。
それぞれにメリットとデメリットがあるので、その違いをしっかりと理解して働く場所を選ばないといけないのです。

公立保育園のメリット

公立の認可保育園のメリットですが、真っ先に挙げられるのは雇用の安定性です。
自治体が運営しているので、経営難に陥ることは少ないでしょう。

すぐに潰れてしまうような状態にはならないので安心して働けます。
公立保育園の場合は、保育士と同時に公務員でもあるので給料は一般的な保育士よりも高くなっています。
長く続けていれば給料も自動的に上がって行くのでメリットは大きいと言えます。

私立の保育園ですが、メリットは施設が非常に充実している点です。
冷暖房や可愛いおもちゃがあり、各種イベントが派手で盛り上がるのも特徴です。
海外の保育方針を取り入れるなど、個性的な保育現場が楽しめるのがメリットです。

反面、デメリットとしては柔軟な対応や多くの仕事量が求められます。
早朝保育や延長保育などを行っている保育園であれば残業がかさみますし、高いスキルも必要になります。
勉強にはなりますが、簡単な仕事ではないのがデメリットになるでしょう。

給料と待遇

給料面ですが10年以上働くつもりなら公立保育園の方が多くなります。
公務員の立場もあるため、福利厚生も充実しているでしょう。
ただし、基本的に年功序列なので給料アップは長く働くことでしか得られません。

私立に関しては実力に応じた給料をすぐに貰えるでしょう。
英会話や特殊なスキルがあれば重宝されます。
ですが、保育園によっては薄給で辛い状況に陥るリスクも秘めています。

保育士の憧れである保育園には、公立と私立、そして認可と認可外があります。
どれが良くて悪いというのは無いので、自分の希望に合った職場を探すのがポイントです。