フッターメニューへスクロールするボタン

需要が高まる事業所内保育

見上げたオフィスビル

保育士業界の中でにわかに注目されているのが事業所内保育所です。
企業が働く女性を対象に子供を預けられる保育所を作ったのが始まりです。

その名の通り会社の中に託児所があるので、子供を預ける保護者からすれば利用しやすいでしょう。
通勤と一緒に子供を連れてくれば預けられ、帰りも子供と一緒に帰れるのも事業所内保育所の良い部分です。
最近では、複数の企業が出資して保育所を設立して共同で利用するケースもあります。

そして、事業所内保育所で最も多いのが院内保育所です。
病院で働く看護師は女性が多いため、子供を預ける需要も自然と高まっているのです。

事業所内保育のメリット

このような事業所内保育所は薄給に嘆く保育士にとって救世主的な役割があると言われています。
事業所内保育所のメリットにはどんなものがあるかまとめました。

ゆとりある保育

まず、預かる子供が少ないのでゆとりを持って対応出来る点が挙げられます。
保育士の負担が大きくなれば子供が怪我するリスクも高まります。

しかし、事業所内保育所は預ける子供がキャパオーバーにならないため、ゆったりと面倒を見られるでしょう。
担当する子供が少なければ、その分充実したスキンシップを取るのも可能です。
保育士自身も伸び伸びと仕事が出来るのが大きなメリットと言えるでしょう。

大きな行事がない

大規模な行事が無いのもメリットとして捉えることが出来るでしょう。
運動会やお遊戯会のような大規模なイベントは、保育士にとっては楽しいものでありつつも残業の要因となります。
事業所内保育所ではささやかなイベントがあっても、大規模なものは実施しません。
時間に追われながらイベントの準備をする心配は無いのです。

給料と待遇

給料や福利厚生も一般の保育士より充実しています。
企業に雇われている状態になるので経営が安定しているなら給料も良くなるでしょう。

人間関係が良好になるのもメリットです。
子供を預けるのはある程度の会社や病院で働いている人になるので、モンスターペアレンツのような存在は少ないでしょう。
自然とストレスが溜まることも減るでしょう。

デメリットは倍率

デメリットですが人気が集中しているため競争率が高くなってしまいます。
さらに、庭園や近所に公園が無いことが多く、遊ぶ場所に困るケースもあります。

大規模なイベントも無いので物足りなさを感じる部分があるかもしれません。
たくさんの子供を世話したり、イベントの行事を進行したりするスキルが身に付かないのはデメリットです。

事業所内保育所はまだまだこれから発展していく職場です。
先を見据えた上で就職活動や転職活動をするのが良いでしょう。