フッターメニューへスクロールするボタン

転職を機に上京して都会の保育園に転職

都会の保育園で子供と触れ合う女性

専門学校を卒業した時にも都会で働こうと考えましたが、親からの反対や自分自身も不安だったことで地元に就職しました。
それでも都会への憧れが強く、1人暮らしを始める費用を貯金できたこと。前の職場が嫌になって環境を変えたかったこと。大学組みの同級生も地元を離れて就職した友達が多かったことを受けて、東京に引っ越して転職しました。

都会の保育園は大変なことも色々とありますが、日々の生活で刺激も多く転職して良かったと思っています。
収入は増えましたが、実家から1人暮らしになったので出て行くお金が多くて、自由に使えるお金は減りました
だけど、田舎者の私はウインドウショッピングや大都市を散策するだけでも楽しめるので、お金を使わなくても休日にリフレッシュできるようになった気がします。
仕事環境や保護者の違いに少し戸惑う部分もありましたが、1~2ヶ月勤務すればすぐに慣れます
保護者の雰囲気は違っても、子供の無邪気さは都会も田舎も同じです。

お金の話をすると、転職前の職場は手取りで16万円くらい。実家には3万円入れていました。
新しい職場は基本給が高いのと住宅手当が増えたことで、残業代を含めて手取り20万円ほどにアップしました。
1人暮らしは初めてだったのでセキュリティをしっかりしたマンションを選んで家賃は7.5万円。日中は家にいないので水道、ガス、電気の光熱費は3つ合わせて1万円くらいです。
収入は4万円アップで、生活費は3.5万円ほどの食費を含めて12万円ほど。実家に入れてた3万円がなくなったので、実質の負担は5万円アップといったところです。

生活費が増えたので、スマホを大手キャリアから格安SIMに変えたり、洋服代などを転職前より節約しています
それでも、東京は洋服のセールが安かったり、女性向けの安いカット専門店で美容院代を削るなど、無理なく節約できることがたくさんあります。
若いうちでないと1人暮らしで上京っていう挑戦をしにくいので、思い切った決断をして良かったです
基本給が増えた分だけボーナスも増えました。そこでちょっとした贅沢もできますし、年に2回ほど実家に帰れているので不満もなく充実した日々を送っています。

新しい職場は無認可の小規模保育園で、数年以内の認可を目指しているようです。
商業ビルの中にあって園庭もない小規模な所ですが、業務効率が良くて平等にシフトを入れてくれるので、そこまで大変ではありません
徒歩5分ちょっとのところに公園もあるし、狭い保育園であっても子供は楽しそうに過ごしています。

田舎の広くて自然に囲まれた保育園を知っていると、最初は子供が可愛そうだなと感じることもありましたが、子供の表情を見ていると、狭い環境でも園児同士や先生との触れ合いがある環境が成長に重要だと感じています。
都心の認可外は料金が驚くほど高いです。
お母さんは一生懸命働いているのか、迎えに来ると早く帰ろうとする傾向が強いです。
たまにお母さんから仕事の愚痴を聞きますが、一般の仕事も大変なので小さい子供と触れ合える私の仕事は恵まれているとポジティブな気持ちになれます