フッターメニューへスクロールするボタン

残業が多くてプライベートが無い

28歳で、保育士は6年目です。
途中2年ほどフリーターをやっていたので、6年しか経験は積んでいません。

私は残業が多くてプライベートが確保出来ない現状がとてもつらかったです。
時間通りに迎えに来ない保護者が許せなくなってしまいましたし、残業代が出ないことにもイライラしました。友達と休みも合わなくて、たまの休日は家でゴロゴロして終わりです。

頑張って働けば働くほど、どんどん社会から孤立していくような感覚がありました。

イベントや発表会が重なった時は地獄で、家でスケジュールを調整したり小道具を作ったりで寝る間もありません。事務仕事を家に持ち帰るのが当たり前になっていて、それがおかしいことだと気付きすらしませんでしたね。

周りの女友達が結婚して、子供が小学生になって行く中、私は彼氏すら居ませんでした。
それが無性に惨めで、そして焦りに繋がったんです。
すぐに30歳を過ぎてしまい、いろいろなことに後悔すると思い転職を考えました。
このまま働き続けても、誰も私の人生に責任は取ってくれません。
自分の人生に後悔が無いように、私は転職を決めたんです。

残業が無く、仕事とプライベートの両立が出来る保育園が無いか探し始めました。
ネットで情報を検索すると、意外と同じ悩みを持っている人が多いことに気付きましたね。
それから、転職サイトには残業なしの求人がたくさんあるということも知りました。
私はさっそく転職サイトに登録して情報を集めました。

事業所内保育という職場だと、残業が比較的発生しにくいようです。
そこからは事業所内保育の求人に片っ端から応募して、転職活動を進めました。
ただ、仕事をしながら求人を調べて応募するのはつらく、あまり長続きはしません。

そこで転職サイトに居るアドバイザーに助けを求めました。
アドバイザーに助けてもらったおかげで、仕事に専念しつつ求人情報を探す環境が作れたんです。

その後、私は院内保育所に就職が決まりました。
ここならほぼ定時で帰れますし、土日が休みなのも嬉しい限りです。

プライベートの時間が確保できるようになってからは、友達と飲みに行く機会も増えました。
合コンにも積極的に参加して、彼氏探しをする余裕も生まれています。
事務作業なんかを家に持ち帰るのが当たり前になっていた時では、考えられなかったことです。

残業が発生するのは仕方ありませんが、多過ぎる残業は許容できません。
我慢して真面目に頑張った人が損をするのは絶対にダメです。
ライフワークバランス、仕事とプライベートを両立させるのが良いですね。