フッターメニューへスクロールするボタン

保育士を題材にした物語

テレビとリモコン

保育士の仕事に興味があるならドラマを見てみるのが参考になるでしょう。
漠然としたイメージはあっても、具体的にどのような仕事をするかは分からないものです。
保育士をテーマにしたドラマを見ることで印象がガラリと変わるかもしれません。

特にドラマは保育士の素敵な部分とつらい部分を強調しています。
両方の特徴を知ることで、やりがいと辛さへの理解が深まることでしょう。

37.5℃の涙

2015年7月に放送されたドラマ、37.5℃の涙は訪問型の病児保育を舞台にした物語です。
病児保育とは、風邪や熱が出ていることで保育園に預かってもらえない子供が対象となっています。
病児保育士が子供が居る家庭を訪問し、そこで面倒を見るというものです。

一般的な保育士とは異なりますが、とても重要で意義のある仕事です。
マンガが原作なので物語や登場人物もすんなりと心の中へ入って来るでしょう。
保育士の1つの形として、見てみてはいかがでしょうか?

天花

昔のドラマですが、2004年に放送された天花も保育士をテーマにしています。
ヒロインは物にも人にも愛情を込めることの大切を教えられた人物です。
宮城県と東京都武蔵野市を舞台にしており、都会と田舎の両方の空気感が秀逸です。

保育士としての楽しみとつらさ、そして様々な人間関係が織りなされるのが特徴です。

よい子の味方

こちらも昔のドラマですが、注目するのは嵐の櫻井翔さんが主演なところです。
若い櫻井翔さんを見るだけでも価値のある保育士ドラマでしょう。

櫻井翔さんが演じる男性保育士が、子供や同僚、保護者との様々なトラブルを解決して行きます。
保育園の裏側の問題を知るにも役立つドラマとなっています。
保育士を目指す人だけでなく、現役の人にも見て頂きたいドラマです。

保育探偵25時〜花咲慎一郎は眠れない!!

一風変わった保育士ドラマとして、2015年1月に放送された保育探偵もおもしろいです。
保育園の園長をしながら、裏で探偵をやるコメディードラマに仕上がっています。
コメディ—描写が多くなっていますが、保育園を舞台にしているので参考になります。

シリアスな展開が苦手な人は、明るい雰囲気の保育探偵がおすすめです。

手を洗う女児

保育士とは身近なようで、実はどのような仕事をしているのか分かりにくいものです。
子供と楽しく遊ぶだけでなく、事務処理や保護者対応などが山積みなのです。

そうした仕事を垣間見てみたいなら保育士のドラマを見るのも良い手段です。
気になるドラマがあれば、レンタルなどで借りてみてはいかがでしょうか?